内祝いのマナー

内祝いの金額の相場はいくら?

のし紙はどう選べばいい?

おすすめの内祝いとは?

いざ内祝いを選ぼうと思っても、たくさん種類がありすぎてどれにすればいいのか迷ってしまいますよね。ここではそんな方のために、内祝いとしておすすめなものをピックアップしました。ぜひ参考になればと思います。

何かと重宝する商品券

内祝いとは出産や結婚などのおめでたいことがあった時に、お祝いのお返しとして贈り物をする風習のことです。内祝いの定番の品といえばカタログギフトや商品券ですが、そのなかでも商品券は用意もしやすく、相手…

選ぶ楽しみがあるカタログギフト

結婚祝いや出産祝いを贈ったとき、内祝いにはどんなものをもらいましたか?これはちょっと必要ないかなというような、品物によっては少し残念なこともあったのではないでしょうか。しかし、自分が内祝いを贈る側…

子供から年配の方までみんなに喜ばれやすいお菓子

内祝いでお返しをするときに、いろいろと悩んでしまいがちですが、定番は日持ちするお菓子です。多くの方にお返しする場合、なかなか会えない相手が、どうしても発生します。消費期限が2~3日しかないお菓子は…

内祝いを贈る時期はいつ?

出産内祝は、出産から1ヶ月後のめどに

出産すると親戚や友人、職場の同僚などから祝福の言葉と共にたくさんのお祝いの品をもらいます。自分と産まれてくる子供のことを考えて選んでくれた贈り物は、頂くとうれしいものですが、その分、頂いたからには内祝という、言わばお返しをしなくてはなりません。 内祝を贈るタイミングですが、出産の場合は、赤ちゃんが産まれてから1ヶ月後のお宮参りの後をめどに赤ちゃんの名前で贈るのが一般的とされています。 出産後は赤ちゃんのお世話で何かと忙しく、じっくり品物を選ぶ時間がないのが現状です。時間に追われて、ついうっかり内祝を忘れてしまい、タイミングを逃してしまうことも考えられます。慌てることなく、また、相手の方に失礼にならない時期に贈るためにも、何を誰に送るかなどある程度の準備を出産前に進めておくと安心です。

結婚の内祝は1ヶ月以内に

結婚の場合、式を挙げる際にご祝儀としてもらったお祝いに対して内祝は必要ではありませんが、披露宴に招待できなかった方や、出席できなかった方からお祝いをもらった場合、もしくは式は挙げないが入籍しお祝いをもらった、などという場合には内祝としてお返しが必要です。 結婚の内祝は、挙式後または入籍後1ヶ月以内に贈るのがマナーとされています。内祝を贈るのはお礼の気持ちを伝えるためや、喜びのお裾分けをするという意味合いもあります。新生活や様々な手続きで何かと忙しい時期ではありますが、今後の関係性やお付き合いに支障を来さないようにするためにも、相手の方に失礼にならないよう、なるべく早い時期に贈るようにしましょう。