のし紙はどう選べばいい?

結婚内祝いには「結び切り」

内祝いは、お祝いをいただいたことに対するお礼として行われるものですが、その際に使われる「のし紙」には「結び切り」と「蝶結び」の2種類があります。そしてこれら2種類ののし紙は、どんなお祝いのお返しをするのかによって使い分ける必要があるのです。まず「結び切り」は、紐の結び目から上に二つの紐が伸びているような形状であり、二度と繰り返さないことを願う意味があります。ですので、二度と繰り返さないほうが望ましい(離婚や再婚はない方が望ましい)考えられている結婚の内祝いでは、この結び切りののし紙を使うのがマナーだとされているのです。また、結婚内祝いの場合、表書きは上段に「内祝い」、そして下段に新姓を書くのが一般的だと言えるでしょう。

出産内祝いには「蝶結び」

次に「蝶結び」は、紐の結び目の上に2つの輪があって、下に紐の先が伸びているような形状であり、何度も繰り返して欲しいことを願う意味があります。蝶結びというのは、簡単に結び直せることからこうした意味が込められるようになったのだと言えるでしょう。そのため、何人産まれても嬉しいという出産の内祝いには、この蝶結びを使うのがマナーになっています。出産内祝いの表書きに関しては、上段に「内祝い」や「御礼」と書き、下段には赤ちゃんの名前を書くのが一般的です。そして、赤ちゃんの名前の読み方が難しい場合は、ふりがなを付けておくと親切でしょう。また他にも、子どもの初節句や入学の内祝い、さらには新築の内祝いの場合も、何度あってもいいという意味を込めて蝶結びを選ぶのが一般的です。