何かと重宝する商品券

いろんな人に贈りやすい!商品券の魅力

内祝いとは出産や結婚などのおめでたいことがあった時に、お祝いのお返しとして贈り物をする風習のことです。内祝いの定番の品といえばカタログギフトや商品券ですが、そのなかでも商品券は用意もしやすく、相手の好みがわからない時でも喜んでもらえやすいので、なにをあげればいいのか迷っている時にもおすすめの贈り物です。通販サイトで使用できる商品券や、レストランやコンビニなどで使える商品券など種類も豊富で、相手の年齢や家族構成にあわせて準備することができます。のしをつけられる商品券や、メッセージカードを添えられるもの、ギフト用の特別な梱包を選べる商品券もあり、こった贈り物をしたい時にも便利です。また、受け取った相手が好みのアイスを購入できるギフト券なども販売されており、甘いもの好きの方やお子さんがいる家族への贈り物にも向いています。

要チェック!商品券を贈る時のマナーって?

商品券を内祝いとして贈る時に気をつけたいのは、郵送方法、枚数、商品券の金額といった点です。まず郵送方法については、普通郵便かゆうメールに一般書留か簡易書留をつけて送るのがおすすめです。一般書留または簡易書留をつけて配送すると、郵便物が紛失した時や盗難された時も賠償してもらえますまた、商品券の枚数は縁起の悪い4枚や6枚などは避けるのがマナーとされています。3枚や5枚など、不吉なイメージのない枚数を用意するようにしましょう。さらに商品券の金額についてですが、内祝いの金額がお祝いとして受け取った金額を上回るのはマナー違反なため、お祝いの半額ほどを目安に準備するようにします。基本的なマナーを守ることが、内祝いを贈る際の大切なポイントとなります。